無二の一筆

唯一無二のブログ 写真、酒、テニス、たまに時事

にほんブログ村 写真ブログへ

ウィスキー タリスカー(TALISKER)10年

f:id:Alex_i:20190316205108j:plain

D5600 + AF-S NIKKOR 35mm f1.8

 

 

誕生日に愛妻がプレゼントしてくれたウィスキー。

スコッチウィスキー、シングルモルトの「タリスカー(TALIKER)」。

ウィスキーはもう随分ない間ハマっている。

普段は1000円〜2000円ぐらいのものを常飲しているのであるが、たまにはこういう1ランクも2ランクも上のものを味わうのはいい。

贅沢感がたまらない。

 

 

 

このタリスカーは、ジョニーウォーカーブレンドなどにも用いられていて、蒸留所はスコットランドのスカイ島で1830年から製造している老舗とのこと。

また、「タリスカー」はゲール語で「傾いた斜面の大岩」、創業者のマカスキル兄弟が住んでいた家の名前に由来するのだとか。

厳しい自然に耐えながら作られているのかも。

 

 

 

さてその肝心の味わいは、ちょっと曲者。

最初に飲んだ時は、あまりのその「スモーキーさ」にかなり閉口する人も多いと思う。

俺も最初そうだった。

それなりの値段だして、これは癖の強さから飲みきれないかも......と思ったもの。

しかし、

スモーキーさにはすぐに慣れ、その奥に潜んでいるフルーティな甘さがなんともいないない。

普段はオンザロックで飲むのだが、最初はスパイシーさとスモーキーさが強調され、氷が溶けて加水されるに従って、そのカドが取れて甘みが出てくる感じ。

あっという間に一本空けてしまう感じだ。

 

 

 

写真には化粧箱が映っていないが、青みがかった厳しい自然が描かれていてカッコいい。

ボトルとラベルのシンプルさと正反対、なかなかいい感じ。

それから、ウィスキーを飲む時はオンザロックがなんといってもおすすめ。

ハイボールでもよいが、ストレートに近い味わいと加水したときの味の変化を楽しむのはオンザロックだけだから。

 

 

 

お値段が4000円程度とちょっとお高い感はあるが、自分へのご褒美を考えている人には是非進めたい。

最初はちょっと取っ付くにくい、でも後からハマる。

そして飲む時は是非オンザロックで。