無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

人身事故がなくならない

f:id:Alex_i:20190328211201j:plain

D5600 + Ai Micro-Nikkor 55mm

 

帰宅しようと思ったら、人身事故で電車ストップ。

再開までかなり時間がかかる様子。

今日に限って早く帰りたいのに、全くもって‥

 

 

 

春のこの時期から、5月にかけて、人身事故が多い。

多くの人が足止めされ、場合によっては仕事にも影響が出てしまう。

迷惑だ・・

そう思う人も少なくないだろう。

みんな忙しい、分刻みで行動している人も珍しく無いから、そう思うのも無理はない。

 

 

でも、心に留めておきたいのは、人が死んでいるということ。

重大なことなのだ。

迷惑とか、そういう次元ではない。

それなのに、駅員は淡々と作業をしなければならないのだから、なんだか世の中おかしい。

なんか、人身事故が日常的に起き過ぎて正常な感覚が麻痺しているように思える。

 

 

なぜそんなに、シャバから卒業を急ぐのか。

発作的なものなのか。

この世をはかなんで、考えた末での行動なのか。

社会で大きなストレスを受けて、心身ともに疲弊してしまったのか。

同じくストレスフルな社会に生きている大人として、いっそ卒業した方が楽になれるという感覚はわからなくもない。

でも、飛び込む勇気って、相当なもんだと思う。

普通は怖くてできない。

そんな勇気があれば、なんでも出来そうに思えるのだが、どうだろうか。

そんな勇気があれば、発展途上国へ片道切符で行ってみれば、世界感が変わって生きる希望も出てくるように思えるのだが・・・

 

 

でも、おそらく、そういう話ではないのだろうな。

冷静に判断できる状況ではないのかもしれない。

 

 

いずれにしろ、自ら命を絶つことはない。

世の中辛いことばかりだが、良い事や嬉しい事も沢山ある。

そしてそれは、自分次第。

明るく楽しく生きたいものだ。