無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

「ルパン三世」のモンキー・パンチさん逝く

モンキー・パンチさん死去

D5600 + AF-P DX NIKKOR 70-300mm

 

 

ルパン三世」の原作者、モンキー・パンチさん(北海道出身、本名・加藤一彦)が2019年4月11日に肺炎のため死去、81歳。

ルパン三世」は昭和42年に「週刊漫画アクション」で連載開始、当時としては珍しい大人向けの漫画だった。

それまでは手塚治の世界だから、異色だっただろう。

なんとも50年以上も前だ。

面白いペンネームは雑誌編集長が名付け親だとか。

どんな意味があったのか。

アメリカの映画「白バイ野郎 ジョン&パンチ」からか?

ちょっと時代がズレているような気もするから違うだろうな。

 

大人向けに徹底的に拘ったとのこと。

曰く、

「ポリシーというような大それたものは持っていないし、教訓的なことを織り込もうなんて思っていない。読んでいる間は、他のことを忘れていかに楽しんでもらえるかだけ考えた」

 これまた、ハードボイルド。

 

 

ルパン三世」は、

オシャレ、

格好いい、

男のプライド、

女のプライド、

ハードボイルド、

セクシー、

泥棒、

などなどのコンセプト。

もちろん日本中のみならず多くの国にファンがいるのであるが、俺もその一人。

 

頭脳明晰、大胆な発想、抜群の行動力、「不二子ちゃ~ん!」という「だらしなさ」がなんとも男の本質を突いている主人公、ルパン。

正確無比なガンマン、硬派の次元。

時代遅れの「侍」「忍者」で「またつまらぬものを切ってしまった..」の名言がある五右衛門。

そして、セクシーで狡猾、甘え上手な不二子。

あの細いウエストと、デカいおっぱいは理想の女性像(?)だし、全男性の憧れ。

忘れてはならない、肝心なところで間抜けな銭形警部。

どれもこれもキャラクターが立っていて、独立して歩いている感じがする。

これらのキャラクターが構成する世界観は卓抜してものであって、本当に唯一無二。

有名となった映画「カリオストロの城」では、ストーリー性もよく更に「ルパン三世」の知名度が上がった感がある。

 

 

思えばン十年前の高校生のころ、部活を引退した時期にやっていた、再放送の「ルパン三世」、夕方の30分番組は毎日楽しみだったな。

俺は地方出身者だから、その地方のみの限定放送だったのかもしれないが、それを見てから、やおら受験勉強をしていた。

一見破天荒に見えるルパンのやり方は、実は緻密な計画と準備がある。

そんなところを見た後で、なんだかスムーズに受験勉強に入れていた気がする。

 

 

テレビでは追悼の映画放映もするのだろうか?

是非そうしてほしい。

「楽しんでもらうこと」がモンキー・パンチの目的だったのだから。

 

 

ご冥福をお祈りする。