無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

ウィスキー バランタイン・バレルスムース(Ballantine's Barrel smooth)

バランタイン・バレルスムース

D5600 + AF-S DX NIKKOR 35mm

 

2019.4.2に発売された、バランタイン・バレルスムース。

実売価格は1700円ほど。

 

専用サイトによると、以下のようだ。

  • 香り高く、深みのある味わい。
  • 丁寧に焼き上げたアメリカンオークの樽で専用ブレンドの原酒をフィニッシュ。
  • バニラやキャラメルを思わせる甘さの中に、かすかなスモーキーさが感じられる、スムースでクリーミーな口当たりが心地よいクラフト感あるウイスキーに仕上げた。

 

 

バランタインなので、まずハズレはあり得ないだろうということで購入。

ファインネストのような軽やかさがあるのか、12年のような甘みが強くでているのか期待しながら飲んでみた。

たしかにスムース。

決して美味くないわけではない。

でも、ちょっとスムースすぎはしないか?

ウィスキー初心者や、スモーキーさが苦手な人には良いかもしれないが、非常に中途半端なイメージがある。

甘みもそれほど、スモーキーさもそれほど、な感じ。

これと行った特徴もあまり感じられない

正直これらな、1000円ほどで買えるファインネストで十分に思える。

 

 

バランタイン」ということで期待しすぎたか?

そんな感じもする。

ただし、決して美味くないわけではない。

おしゃれにハイボールにレモンかライムだと良いかもしれない。

オンザロックで香りを楽しむスタイルには合わないかな。

 

 

ということで、おそらくはリピートは無い。

この値段を出すなら、もう少し出して12年を買うか、

サントリー・ホワイトをチョイスする。