無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

キム・カーダシアンのKIMONOはやはり軽率

f:id:Alex_i:20190627200305j:plain

D5600 + Ai Micro-NIKKOR 55mm f2.8

 

 

アメリカのセレブ、キム・カーダシアンが、自身の矯正下着ブランド「KIMONO」の商標登録を申請中したとの報道。

日本人から猛反発を食らっている。

 

 

キム・カーダシアンといえば、モデルでダンナがミュージシャンのカニエ・ウェスト

峰不二子ばりのボリューム満点のボディはいつも注目される人だ。

自分の知名度とボディを生かした、高級下着商売なのだろうか。

 

 

日本人の、特に女性からしてみると、着物は日本女性を象徴するものであり、世界に誇るべき文化であるから反発は当然といえば当然。

しかも、日本の着物は体型を隠し、上品さを装うものに対して、ボディラインを強制する下着とはなんとも正反対。

下着が下品とは言わないが、着物とはちょっと違うのは日本人なら誰しもそう思う。

 

 

これで着物文化が汚される、盗まれる、などとのコメントもあるが、果たしてそうか?

俺はこれは一つのチャンスだと思う。

世界的に影響力の大きいセレブが、「やらかして」くれたわけだ。

この機会に「本物の着物」を世界に発信すればいい。

それも世界中のセレブに。

セレブが大好きな(?)、派手で高級なお高い着物を多いにアピールして、買ってもらえば良いのでは。

なんなら出張着付けサービスまでつけて。

日本の美、欧米とはまた異なった女性の美なのだ。

利用しない手はない。

 

 

こんなことで日本の着物が汚されるなんてことはない。

日本の伝統文化なのだから、セレブとはいえ簡単にひっくり返すことなどはできない。

もちろん、世界には日本の着物なんて知っている人は多くないのだから、今回のものがKIMONOだと思う人もいるだろう。

でもそんな人は、本物をみたときにその素晴らしさをより感じてもらえるのでは。

東京オリンピックへカウントダウンが始まった今、日本文化の発信の好機だ。