無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

サラリーマンの卒業

今週のお題「卒業」

f:id:Alex_i:20200308153102j:plain

D750 + Helios 44-2 58mm f/2

 

季節柄、というわけではないが、最近身の回りで定年退職を迎える人がちらほらと。

送別会などで「サラリーマン卒業ですね!」と声をかける。

みなさんが、なんだか嬉しいような寂しいような複雑な顔をされる。

うん「そうなんだろうな」そう思う。

 

今月「ご卒業」されるH先輩は、俺が新入社員として部署に配属になったとき、海外へ長期出張されていた。

当時、俺をおそらく「クソ生意気」と思っていただろうお局様に、「Hが帰ってきたら(おまえなんか)大変な目に合わされるぞ!」などと、よくわからない脅しをかけられてもいた。

学生じゃあないんだから、アホなことにはならんだろうとは思っていたが、どんな人なんだろうと思っていた。

 

いざ帰ってきて「始めまして」と挨拶をするも、華麗に無視された記憶がある。

当時は特に多忙であったここの先輩は、新入社員など視野に入っていなかったのだろう。

まあ、むりからん話ではあるが。

 

 

同郷のH先輩とはその後なんだかんだと縁があった。

この先輩が過去に異動した先に自分も異動したり、自分の若干の昇進もこの先輩をトレースしているような形であったり。

タイミングは違ったが異動から元々の部門に戻ってきて、同じ種類の業務を担当した。

相談もしたし、反発もしたが、なんだかんだと受け入れて頂いたのだと思う。

 

「しばらくゆっくり」するとのことだが、その後はどうするのだろう。

俺もいい歳になってきたので、そんなことを肌身に感じる。

まあ俺が実際「卒業」するあたりは、今とはまた事情が変わっているのだろうが、ほっとするような不安なような感じは今と同じなんだろう。

 

定年を迎えても、いまの60歳は若々しい。

子供の頃の60歳って、すごいお爺ちゃんお婆ちゃんだったと思うが、今はそんなことはない。

自分もそのときには若々しく、なにより健康でいたいものだと思う。