無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

One World: Together At Home

f:id:Alex_i:20200420200954j:plain

 

レディー・ガガ」がWHOとともにプロデュース?主催?した、チャリティーコンサートが行われた。

とても多くのアーティストが、そして有名なアーティストも自宅で演奏し音楽の配信を行った。

生放送は日本時間で夜中だったために見ることはできなかったが、期間限定でYouTubeなどで配信されているため、楽しむことができる。

 

 

最前線で働く医療従事者への感謝を込めたメッセージに溢れる。

そして自宅にいることを呼びかける。

とてもとても素晴らしいことだ。

日本でも自宅にいることを呼びかける動画は幾らかみられるが、大きなムーブメントには残念ながらならない。

そのなかでもYouTuberが頑張っているが、でも国内に止まる。

今回のコンサートでも日本人アーティストは「ゼロ」だ。

 

 

どうしてなのだろう。

日本のアーティストの質が悪いとは決して思えない。

きっと言葉の壁、そしてそれをベースとした交友範囲の狭さがあるのではないか。

それから日本人がそういったことに割とドライであり、大騒ぎしない文化であることは否めない。

少なくとも英語を学び、臆することなく世界のシーンに打って出ていかないと、こう言うムーブメントに今後も乗り遅れることになる。

 

 

今回のアーティスト中には、日本ではあまりメジャーじゃない人も少なくなかったと思う。

でも内容はすばらしかったから、これで人気が出る人もいるだろう。

売名行為という人もいるかもしれない(実際、大昔にあったBandAidなんかそう非難されたこともあったが)、そうであっても実際に参加しやり遂げたのだから、批判ばかりして何もしない奴らとは比べ物にならない。

 

まだ全部見切れてはいないが、最初だけでも十分痺れる内容だった。

国の垣根を超えての今回のコンサートには感動を覚える。

今こそ世界が一つになるときだ。