無二の一筆

唯一無二のブログ 写真、酒、テニス、たまに時事

にほんブログ村 写真ブログへ

デビスカップ

日本男子はデビスカップワールドグループ、1回戦でイギリスと対決、

錦織の健闘むなしく敗退となった。

イギリスは世界ランキング2位のアンディ・マレーが出場。

シングルス4つ、ダブルス1つの3勝で勝ち上がりの方式で、

このマレーがシングルス2勝、ダブルス1勝の働きで日本を退ける格好となった。

日本は錦織が1勝するも、やはり届かなかった。

これで、日本はワールドグループ残留の「落ち着目線」に9月に臨む。

なんとか勝ち残ってほしい。

さて、錦織のおかげでテニススクールはジュニアクラスが盛況だとか。

テニスを20年以上やっている俺からすれば、それは誠によろしいこと。

ゲームと勉強にかじりついている子供達を、スクールのみならず、

試合にも出場させて、ぜひ勝負を味あわせてあげては。

テニスのイメージはまだまだ、サッカーなどと比べて激しさの面で認知されていないようだが、

かなりタフなスポーツ。

屋内の冷暖房完備なテニススクールで培養されているオバさまがたはいざ知らず、

一般的には夏は炎天下、冬は木枯らしの中で、コートの中を駆けずり回る。

さらに精神的な駆け引きも多く、ものすごく泥臭いスポーツ。

相手と接触することがなく、泥まみれになることはないのだが、

逆に自分との戦いな部分が多く、それが如実にプレーに現れる。

ビビれば、自分のプレーの1割もデキない。

そんな面で、長らく日本人は世界で勝ち上がれなかった。

偉そうに言っている、除菌男・松岡は、そういう意味ではサーブを武器に、

ウィンブルドンでベスト8まで入っているのだから大したもの。

さらに錦織は、世界ランキング6位なのだから、もやは日本人の域をはるかに超えている。

錦織の2番手、早く出てこないかな。

個人的には、ダニエル・太郎に期待しているのだが、もう少しかな。

テニスがますます面白くなり、プレー人口が増加することを望む。

あ、そうすると・・・・ また市民大会で勝ち上がれるチャンスが減ってしまうな。