無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

ボブ・ディランのノーベル文学賞は あるべきでしょ!

BobDylan-A-720x545.jpg
なにもノーベル文学賞は、メディアに偏る必要はないよね。
ボブ・ディランの曲は、世界中のミュージシャンに影響を与えただけではなく、
現在の音楽シーンを形作る原型でもあった。
社会風刺的な歌詞、型破りの歌い方、トータルで評価されて当たり前だ。
そういやだいぶ前に、BandAidで、ブームタウンラッツのボブ・ゲルドフノーベル平和賞受賞したよね、たしか。
売名行為だとか言われたけど、そうであっても素晴らしい行いに間違いはない。
しかし、ボブ・ディランが受賞したあとに、日本のミュージシャンからのコメントを
テレビで紹介していたが、ちょっと笑ってしまった。
浜田省吾なんかはまだいいけど、吉田拓郎が「大いに影響・・」なんてコメントするか?
吉田拓郎なんて、最初はボブ・ディランのコピーじゃん。
まあ、それが「影響を受ける」「インスパイアされる」ってことなのかも。
ボブ・ディランが受賞できるなら、もっともっと他のミュージシャンも受賞してほしいな。
ローリングストーンズなんかは、下世話な感じがするが、
ブルース・スプリングスティーンなんかはどうだろう。
ベトナム戦争を題材にアメリカ社会の問題を歌にした「Born in the USA」なんて、
まさに素晴らしい。
ああ、でも文学性にはちょっと欠けるのかな。