無二の一筆

唯一無二のブログ 写真、酒、テニス、たまに時事

にほんブログ村 写真ブログへ

ロシアW杯 アジア最終予選突破

20170831-00000566-sanspo-000-19-view.jpg
見事なまでに、ほぼ完全なる試合運びの中で、最終予選を突破し本戦行き確定してくれた。
最終予選の初戦を落としたチームは本大会に行けないというジンクス、そして過去のデータ。
オーストラリアとは過去の最終予選のなかで、引き分けこそあるものの勝利したことがない。
そして、オーストラリアと引き分けると、最終戦のアウェーでのサウジアラビア戦となる、
絶体絶命の、非常に崖っぷちな状況であった。
B組トップであった日本は、トップといってもオーストラリア、サウジアラビアとわずかに勝ち点差1。
まあ、良い材料といえばオーストラリア戦直前の、サウジアラビアvsUAEで、
サウジアラビアがまさかの敗退をしてしまったこと。
しかしオーストラリアに敗退すれば、トップの座を受け渡し、
なおかつ最終戦のアウェーでサウジアラビアに敗退でもしようものなら、
3位以下に転落、2位以上が本戦出場確定のラインだから、
大陸間プレーオフとなってしまうところだった。
大陸間プレーオフとなった場合、チャンスはなくもないが、
アジア以外の地域は総じてアジアよりもレベルは高いからのぞみはかなり薄かっただろう。
それもこれも、初戦のUAEに敗退したことから発生した問題なのだが、
UAEも良い選手がいるし、勝負に絶対はないからそれは仕方ない。
修正を加えながら、しっかりと分析して戦略を立てた監督とスタッフの勝利でもあったのだろう。
1点目の浅野のゴールは、おそらくは練習通りのゴールだったろう。
長友の長友らしい、精度の高いクロスと、浅野の素晴らしい飛び出しは、
あまりにも見事すぎて、オフサイドを疑いたくなるほど。
でも相手ディフェンダーを置き去りにしたあのゴールは、
オフサイドなどという反則などでは決してないのは、スローモーションで見ればすぐにわかる。
チームワークが生んだ、素晴らしいゴールだった。
2点目は、途中から入った原口が相手2人と絡みながら、潰れながら井手口に出したボールを、
井手口がドリブルで切り込んでのゴール。
わずか21歳ではあるが、素晴らしい活躍、ゴールも思い切ったものでオーストラリアに引導を渡す結果となった。
これまでの主力メンバーだった、本多、香川、岡崎などはベンチスタート。
代わりに、浅野、大迫、井手口、乾などの若手を起用。
岡崎は途中交代で入ったが、これまで看板選手だった本多、香川は出番なし。
それでも、というかそれだから選手全員が躍動し、縦横無尽に走り回り、相手へのプレッシャーもすばらしく、
なるべくしてなった結果だったと思う。
大迫のポストプレー、乾のゴールへの突進、酒井のスバライクロスとディフェンス、
どの選手を取ってみても120点のデキだったのだと思う。
当然ながら、修正点は数多くあるのだろう。
また来年6月に開催のW杯本大会へ出場できる選手の選出はこれからだ。
でもハリルホジッチは若手選手へ、日本代表になるチャンスを大きくアピールしてくれたのだと思う。
ちょっと寂しいのが国内組。
今回招集された選手のほとんどが海外で活躍している人たち。
国内組で試合に出ていたのは、井手口、昌子ぐらいではなかったか。
国内にも有力な選手は沢山いる、是非とも頑張って日本代表のユニフォームを着て、
W杯本大会で良い結果を残してもらいたいものだ。
頑張れニッポン。