無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

浦和レッズ ACL準々決勝で逆転勝利!

IMG_1576.JPG
次男坊のおかげで、久しぶりにさいたまスタジアム2002で観戦。
アウェイで1−3で迎えたホームゲーム。
前半に先制され、これはかなり厳しいと感じたのだが、なんとかハーフタイムには1−1の同点に。
勝利への最低ラインをここで確保したのは大きかった。
実際、前半の戦いぶりをみているかぎり、気合いが空回りし動きもちぐはぐ。
西川のミスも手伝っての失点だったから、いくらなんでも後半の追い上げは誰もが予想していなかっただろう。
実際、フロンターレのサポーターは先制点から特にお祭り騒ぎ。
無理もない、自分のホームで失点はしているものの勝利。
さらにアウェイでも先制ゴールなのだから、普通は勝利が見えたと思う。
少人数ながら、ハネまくる青色のサポーター。
太鼓だけではなく、シンバル?のような楽器でドンチャンドンチャンと非常にうるさい。
なにより下品。
浦和サポーターの応援でも鳴り物はやめてくれないかなあと思っているぐらいなのに、
あれじゃまるでチンドン屋じゃん。
太鼓もいらない、声だけで十分。
浦和のサポーターは、フロンターレサポーターと違って、そうあってほしいもの。
その力は十分あると思う。
後半に入り、興梠、ズラタン、ラファエルシルバ と得点。
スタジアムの雰囲気は「いける!」
フロンターレにして見れば、車屋が興梠に対するファウルで一発退場となったことが痛かった。
そして、守りに入ったのか、こともあろうに中村憲剛を後半下げてしまった。
これで人数的に有利になり、怖い選手もいなくなり波に乗るレッズ。
後半は本当に攻めっぱなし、時折カウンターに来るフロンターレにヒヤっとするが勢いで勝る。
圧巻は高木のふわりと浮かせたゴール。
本人はシュートの意識がなかったとのことだが、勢いというのは怖いものだ。
全てが良い方向に作用し、手がつけられない状況だったろう。
もちろんスタンドはお祭り。
フロンターレサポーターのがっくり感をよそに、ゴール裏のみならずフロンターレ応援以外は全員が立ち上がって喜んでいる状態
まさか、まさかの大逆転は、史上に残る試合になったのだと思う。
ホイッスルがなってからのフロンターレ選手はピッチにへたり込んでいた。
運もなかったが、采配も大外れだった。
そういう試合もある。
浦和も昨年、Jリーグでそうだったのだよ。
今回は浦和に軍配。
次は上海上港、アウェイではゴールをあげてほしいし、それであれば引き分けでもいいと思う。
Jリーグではもうすでに優勝の目はほぼ無いのだから、ACLで頑張ってほしい。
We are REDS!