無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

武漢の肺炎は野生動物を食べているからか

f:id:Alex_i:20200123210728j:plain

D750 + AF-S Nikkor 24-120mm f/4

 

 

中国武漢で発生しているコロナウィルスによる肺炎。

感染拡大が広がりつつあり、各国が本腰を入れた対応を取ろうとしている。

中国自身も武漢への交通路の一部を遮断する方策にでたようだ。

日本人も現地で1名が感染の疑いとのこと。

だんだんと迫ってきている感があって恐ろしい。

 

 

SARSのときもそうであったが、中国の内陸部から発生している。

どうもその原因は、細菌の宿主である野生動物を食べる習慣があるかららしい。

中国では生きたままの動物をそのまま食材として売っている。

(大都市香港でも同じだ)

その中には、食用ではなく野生のものも混じっているのだろう。

テレビのニュースでは、孔雀なども値段表にあると報じていた。

 

 

考えてみると、何百年も前なら日本も同じだったろう。

そうなると、日本でも訳のわからない病気が流行、多くの人が亡くなってきたのかもしれない。

先進国となり、衛生面のレベルが飛躍的に上がったことにより、そのような病気から開放され、平均寿命も伸びているのだろうか。

 

 

 

今回の武漢の肺炎は、一説には蛇からのもの、それも毒蛇(コブラ)とのこと。

多くはないが、少なくとも数えられないほど蛇は香港や中国で食べた経験があるが、あんまり旨いものではないよな。

通常はスープ。

唐揚げも食べたけど、油っぽいばかりだったと記憶している。

ただし、コブラなどの毒蛇は脂分も強く、男性はビンビンになるらしい。

天然のバイアグラってところか。

 

 

旧正月はいよいよ本番。

多くの中国人が日本に観光に訪れる。

人混みに出るならなにより手洗いとマスクが必需品。

 

予防あるのみ。

 

赤信号で渡った自転車を車でハネた男性に「過失なし」

 

f:id:Alex_i:20200122203604j:plain

D750 + AF-S Nikkor 24-120mm f/4

 

2018年8月、徳島県で赤信号を渡った自転車の女子高生を車でハネて死亡させる事故があり、その判決が出た。

無罪判決。

地裁は運転していた中年男性を「過失を認めることはできない」とした。

赤信号であるが故に自転車であっても渡ってくると予測するのは困難、とのことらしい。

 

 

普段は電車通勤だが、土日は必ず両日とも車を運転する。

自転車の横暴ぶりは本当に辟易している。

特に若い世代と、老人。

若い世代はいまだに、イヤホン着用で無灯火も少なくない。

しかも逆走の上、信号も軽く無視するやつもいる。

「轢いたろかっ!」って思うのは俺だけではないはず。

 

 

実際のところは、どんな事情があれ、自転車なんぞと事故を起こしたら過失は免れないし、その人の人生も自分の人生も台無しになると思っている。

今回の徳島県の例は、亡くなった女子高生には悪いが、真っ当な判断だと評価したい。

しかし極めて稀なケース。

だから自転車との事故は仕方なし、などと短絡的に考えるべきではないことは言うまでもなし。

 

 

少しは自転車の乗り方を考えるきっかけになってはくれないだろうか。

 

「線路でジャンプ」の馬鹿

f:id:Alex_i:20200121204345j:plain

D750 + AF-S Nikkor 50mm f/1.8

 

奈良市役所の職員が、線路を跨いでジャンプする動画が拡散され、問題となっている。

この職員は、道路課の30歳職員とか。

立派な公務員がなんたることか。

 

 

上司は開いた口が塞がらないだろうな。

それと同時に、この阿呆な事態をどうおさめるか、短い時間で各方面とネゴが大変だったろうな。

最終的には誠意をもって謝罪するしかないのだが、いろんなところから圧力もかかるに違いない。

 

 

それにしても、この馬鹿。

友人限定で動画を撮ったとのことらしいが、そんなもん拡散されるに決まっているだろ。

脇が甘すぎる、社会人として。

結局は上司に迷惑をかけて、市役所中の笑いものになる。

このまま厚顔無恥に公務員を続けるか、それとも退職するか。

せっかくの公務員だから、減給とかで勘弁してもらうのかな。

 

 

いずれにせよ、社会的な吊し上げは始まっているだろう。

30歳なんてまだまだガキなのだな。

成り行きを世の30歳はよくみておいた方がいい。

バトミントン 桃田の事故は海外でありがちなケース

f:id:Alex_i:20200116203931j:plain

D750 + AF-S Nikkor 50mm f/1.8G

 

バトミントンの金メダル候補、桃田の事故は軽傷で済んだようで溜飲が下がる思いだ。

彼は前回のオリンピックの時は、闇賭博かなんかで欠場。

そんなスキャンダルがあるとほとんどのスポーツ選手はダメになっていく中、見事に復帰している。

だから、今回にかける思いは並々ならぬものがあると思う。

 

 

マレーシアでの事故だった。

乗っていたバンがトラックに追突。

運転手は死亡。

本人は顔に怪我を負った。

ニュースを見る限りは、あまり高そうな車=安全対策がしっかりなされた車、ではないように見えた。

結構そう思った人も多いと思う。

 

 

でも、これ海外ではありがちなんだよね。

特に東南アジア。

そんな車で、ハイウェイをガンガン飛ばす。

本当に怖いぐらい飛ばす。

運転手によっては、スマホを見ながら。

 

今回のケースはどうだったかわからないが、「追突事故」なので案外そんなことが原因だったのかもしれない。

いくら都会のクアラルンプールであったとしても、そんなもんではなかろうか。

幸いなことに俺は事故に遭ったことはないが、冷や冷やするのは日常茶飯事だ。

 

これに懲りてバトミントン協会も、少しは選手の待遇レベルをあげるべき。

コスト削減ではなく、ちょっとぐらいの事故でも選手に怪我が及ばないような対策をとるべきだ。

 

あやうく、至宝を失うところであった。

女性専用車両に乗りたくない女性は4人に1人

f:id:Alex_i:20200115200008j:plain

D750 + AF-S Nikkor 50mm f/1.8G

 

テレビ番組でやっていた、「女性専用車両に実は女性は乗りたくない」、ということを。

その割合は4人に1人。

平気で化粧、香水がキツイ、ブランドものでのマウンティング、男性の目を気にしない品のない振る舞い、などが理由とか。

 

 

勝手にやってくれ。

痴漢対策でできたものだろ?

女性専用車両の時間帯は、是非とも、いやなにがなんでも女性はそっちに乗って欲しい。

それなのに、乗りたくないなんて、なんだそれ。

女性同士の世界はドロドロとした世界なんだな。

女性用車両は余裕があり、一般車両は満員、そんなケースだってあるよ。

男性は我慢して乗っているのに、いい加減にしてくれ。

 

 

華と色気はなくなるが、男性専用車両を作ってもらいたいとも思う。

酒・ニンニク・タバコ・汗臭いおっさんとのるのはいやなのだが、痴漢の冤罪だけはごめんだ。

特に余裕の無い「朝の通勤時」。

満員電車で女子高生に「うしろのオヤジがうざい」みたいなことを言われた時は腹が立ったな。

「うざい」のはむしろお前だ。

自分の父親みたいな年齢のジェントルマンに、もう少し気を使え!

 

 

さて、女性専用車両の設定時間帯で一般車両に乗ってくる女性に言いたい。

品のある行動を。

痴漢冤罪だけは勘弁だ。

 

蝋梅は香り華やか

f:id:Alex_i:20200113200621j:plain

D750 + Tamron SP 90mm f/2.8

 

 

真冬のこの時期、あまり写真映えする被写体が無いなあ、などと思いながらたどり着いた。

「蝋梅」って、今の時期に咲くんだねぇ。

そういえば去年、梅を見に・撮りにいった時に、なんか汚い感じのプラスチッキーな花があったなと思い出す。

あれは蝋梅だったか。

見頃が終わっていたから、みすぼらしかったのか。

そう思い、一路群馬の「ろうばいの郷」へ。

 

地域の協力で運営しているとのこと、フレンドリーで手作り感がいい感じ。

写真撮りながら、途中味噌おでんとコンニャク田楽を食べ(これがまた素朴で美味)、ひとまわりで1時間半ぐらい。

所狭しと咲いている蝋梅は、圧巻だった。

 

 

蝋梅って、香り華やか。

敷地内に良い香りが漂う。

でもちょっとキツイかな。

むせ返るほどでは無いが、敏感な人は・・・かも。

 

 

f:id:Alex_i:20200113201118j:plain

D750 + Tamron SP 90mm f/2.8


 

さてその花は、黄色一色で本当に蝋でできているかのよう。

そして小ぶりなこともあってか、なかなかにして、構図に困る。

曇天だったので、クローズアップするか?

それとも、ボケを上手く使う?

せっかく良い構図見つけたのに背景が・・

などと試行錯誤。

 

まあこれが面白いのだが。

 

 

森保監督は、どちらかの代表チームに専念すべき

f:id:Alex_i:20200110211437j:plain

D750 + AF-S Nikkor 50mm f/1.8G

 

昨日(2020.1.9)行われた、AFC U-23選手権の初戦で、日本代表はサウジアラビアに1−2で敗戦となった。

 

若さのぶつかり合う好ゲームではあったが、お互いに最後のツメが甘い展開が続き、最後はミスからの失点。

この大会は、東京五輪の出場権争いも兼ねているとのことで相手は真剣だが、既に開催国での出場が決定している日本はどこか心に油断があったのかもしれない。

そうはいっても23歳以下の子供たち。(図体はデカくとも)

モチベーションは高かったと思うから、あとは采配次第な感じもする。

 

 

監督の森保さんの、采配ミスが指摘されている。

俺もそう思う。

U-23の選手に攻撃の迫力が今一つだった。

もっとオフェンスに長けた選手もいただろうが、余裕でトライアル的な要素があったのだろうか。

(我がREDSの橋岡と何名かしか知らないのだが)

そうだとすると、真剣勝負を挑んでいる相手に非常に失礼だ。

 

 

正代表の監督も兼ねる森保さん。

両方で満足のいく成果を出すのは簡単では無いのでは。

いくらいいスタッフがいても、選手の状況をよく観察し、試合の前や試合の最中に戦略にアレンジを加えていく必要があるだろう。

それを正代表の年長者と、若い世代の両方を切り替えて考えるなんて、普通の人のなし得る技では無い。

それでもドライに、システマティックに、データ優先で考えるならまだしも、温情派と聞く。

しかしそれは、選手のことを考えているように思えても、長い目でみればそうでは無いかもしれない。

 

 

そろそろ、どちらかに=正代表に専念したほうがいい。

U-23は誰か腹心に任せればいい。

そうすれば勝利も、選手の成長も、さらに腹心の成長にもつながるわけだし。

そうそう、勝てばご自身の評価も上がることだし。