無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

ジョンソンタウン 埼玉県入間市

f:id:Alex_i:20210622171606j:plain

D750 + TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 

 

 

自宅から車で1時間ほどの、埼玉県入間市にある「ジョンソンタウン」。

オールドアメリカンな街並みがある一角。

雑貨屋やレストランなどもあるが、半分ぐらいは居住地のようだ。

 

f:id:Alex_i:20210622172105j:plain

D750 + TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO 

 

 

息子夫婦に連れられて初めて行ってみた。

こういう雰囲気はとても好きだな。

折を見てまた行ってみることにしよう。

 

 

サッポロウィスキー ウッディで爽やかな甘さ

f:id:Alex_i:20210616201522j:plain

D750 +AF-S NIKKOR 24-120mm f/4

 

「父の日」、息子からの頂き物。

なかなか関東では見かけない「サッポロウィスキー 」。

であるから、少し早いが見つけて買ってきてくれたらしい。

 

見たこともなかった「サッポロウイスキー」は、どうやら北海道では有名なものらしい。

写真は中間グレードのもの。

値段も1500円程度とリーズナブルだ。

※プレゼントで高価なものを貰うと嬉しいが、それはそれで恐縮してしまうので、ちょうどいい感じ。

1933年創業の札幌酒精工業製。焼酎を中心に、清酒やワイン、みりんなどを幅広く手がけてきたメーカーのようだ。

そのメーカーが、スコットランドからウィスキーを輸入し、独自にブレンドしてから寝かせているらしい。

そういう形態もあるのだなあと改めて知る。

 

ロックで飲んでみた味わいは、少しアルコールの刺激が強めだが、ウッディで爽やかな甘さがいい感じ。

氷が溶け出し加水された後は、アルコールの刺激が程よく収まり、そして甘さが際立ち飲みやすくなる。

なのでロックもいいが、ハイボールの方が最初から飲みやすいだろう。

味の深みは値段相応に思えるが、全体的には十分なコスパだと思う。

普通にリピードできるのだが、直接お店では買えそうもない。

ネットだと送料に1000円はかかるらしいから、これも現実的ではないようだ。

「レア」なウィスキーとして楽しむのが良いのかも。

橋のある風景

f:id:Alex_i:20210610200906j:plain

D750 +AF-S NIKKOR 24-120mm f/4

 

こんな形の橋は、それだけでフォトジェニックに思える。

雨模様な季節だけど、青空と雲、陽射しが神々しい。

 

日常の生活でも、仕事のシーンにおいてもストレスは溜まる一方。

でもこんな風景に出会うと、少し気が晴れる感じがする。

 

オリンピック開催の可否で連日揉めている?東京。

国際社会のなかで日本がその存在を改めてアピールするためには、
またと無いチャンスでは無いかと思う。

困難なこの大会を見事成功させてやることが何よりも重要なのだ。

ピンチをチャンスに変える。

今がその時では。

国民みんなが「やる気」になれば、必ずや成功すると思う。

ワサビに気を付けろ 次男坊の悶絶

f:id:Alex_i:20210606183658j:plain

D750 + AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

今週のお題「そうめん」

 

長い物が好きな我が家、「そうめん」は割とよく食べる。

「にゅうめん」で冬も食べたりする。

そして、大体がカミさんがかき揚げ天を作ってくれる。

 

我が家の薬味は、「ネギ」「ごま」そして「ワサビ」。

少し多めのワサビをつゆに溶かして、ネギ少々とゴマたっぷりが定番。

夏のある日、次男坊とそうめんを食べていた時に悲劇が起こった。

 

ワサビは本ワサビではなく、チューブに入ったワサビ。

チューブに入っていたからこそ、悲劇となったのだと思う。

 

カミさんがそうめんと共に、「定番」の薬味を持ってくる。

普通はテーブルに並べるだけなのだが、
気が向いたのだろう、器につゆ+薬味一式を用意してくれた。

 

たっぷりのごま。

そして、つゆの器の内側に、多めのチューブのワサビ。

ガラスの器だったのだが、ひょっとして多めのごまで見えなかったのかもしれない。

次男坊はそうめんを箸でつまみ、腹も減っていたのだろう、
つゆにつけた後いつも以上に勢いよく一気にすする。

 

そう、多めのワサビ側の方から。

 

一瞬の間ののち、「悶絶」。

当たり前だ、結構な量のワサビを一気に掻き込んだのだから。

 

その後はどうしたのか覚えていないが、大騒ぎして大爆笑。

涙と鼻水の嵐であったことだけは覚えている。

良かれと思って用意したことが、アダになってしまった。

誰も悪くないし、誰のせいでもない。

ただただ「ご苦労様」、だった。

 

 

それ以来、彼が我が家に来てそうめんをたべるときは「わざと」同じセッティングにして、いぢることにしている。

 

「二度と引っかかるかっ!」 とちょっと嬉しそうなので、今後もずっといぢり続けるだろうな。

 

麦なでしこ

f:id:Alex_i:20210602190550j:plainD750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4

 

「麦なでしこ」

埼玉県鴻巣市のポピー畑と一緒にたくさん咲いていた。

撮った時には名前はわからず。

後から調べて判明。

ヨーロッパ原産のナデシコ科の一年草なのだそうだ。

ちょっとさくら草に似た感じ。

ポピー#2 夕暮れ

f:id:Alex_i:20210527205253j:plain

D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4

 

夕暮れのポピー畑。

橋の形もよく写真スポットのようで、
一眼を持ったたくさんのカメラマンが三脚を立てて撮影していた。

 

三脚持ってくればよかったな....とおもったが、そこは天性の無精者。

ま、手持ちでなんとかなるかっ!

ということで現像時に少しだけ修正した一枚。