無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

川越氷川神社#3 風鈴

川越氷川神社の風鈴

D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G

 

川越氷川神社の、風鈴。

木製の短冊には、「疫病鎮静」の文字も。

風がなかったので、音色はわからなかったが、色とりどりのポップな感じ。

もちろん写真を撮る人はたくさん。

なかには羨ましいほどのカメラを持っている人もいたな。

 

この可愛さは、カップルならみに行ってみても良いと思う。

神社って年寄りくさい感じもあるが、ここは若者のデートスポットなのかも。

川越氷川神社#1 風車が可愛い

f:id:Alex_i:20200712211428j:plain

D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G

 

川越は数十年前に住んでいた土地。

そして今もなんだかんだと縁のある土地だ。

川越といえば「喜多院」「蔵造り」「菓子屋横丁」が有名。

もちろんその辺りは行ったことがあるのだが、この神社には行ったことがなかった。

 

 

254号線バイパスからちょっとはいったところ。

駐車場は参拝者専用の無料駐車場が目の前。

お昼ぐらいに行ったのだが、なんとかスルッと駐車できた。

ちょっと遠くにある有料駐車場を覚悟していただけにラッキー。

 

 

 

この神社は縁結びも有名らしい。

それと同時に、風車や風鈴などの飾りつけ、「鯛」の張子のおみくじなど、女性が喜びそうなものが多い。

実際に、若い女性が数人で訪れていた。

若者がいると、それも女性がいると、一気に賑やかになる。

厳かさはないが、賑やかなのもいいもの。

ちょっと元気がもらえた。

 

一味違う蓮を撮りたい 古代蓮#4

f:id:Alex_i:20200711130255j:plain

D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G

 

朝はちょっと雨がパラついていたけど、それでもと思いテニスに出かけた。

何とか午前中はできるか....と思われたが、途中から本降りになってしまった。

よって、1時間ぐらいで解散。

少しでも体を動かすことができたこと、ボールを打つことができたことに感謝しないと。

 

 

それにしても降ったり止んだり、晴れたり曇ったり。

九州では豪雨で被害も出ている、今年の梅雨。

降らなければ降らないで水不足になる。

うまい具合に丁度よく降ってもらえないものかな。

一味違う蓮を撮りたい 古代蓮#3

f:id:Alex_i:20200709202037j:plain

D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G

 

葉っぱの下で、これから咲こうか!

そんな感じだった。

なんかチューリップみたいだけど、蓮の花。

健気な感じがした。

 

 

東京で、新型コロナウィルスの感染者数が最多の220人超。

PCR検査数を増やしているからなんだとか。

ということは、すでに市中感染が広がっているということではなかろうか。

それでも、重傷者が少ないのだから、静かに穏やかに集団免疫を獲得しつつあるのだろうか。

ワクチンがないことが怖いこのウィルス。

その開発に各国が全力を挙げているのだと思う。

臨床段階に来ているとも聞く。

希望の光が早く見えて欲しい。

一味違う蓮を撮りたい 古代蓮#2

f:id:Alex_i:20200707211506j:plain

D750 + Helios 44-2 58mm f/2

 

ちょっと違う構図で、蓮の花を撮ってみたい#2。

とはいえ、構図は割とありきたり。(汗

 

そこで、Heliosの癖のあるボケまかせに......

少しハイキーとなったので、現像時に補正。

それでも淡い色と、グルグルボケはでているかと。

 

一味違う蓮を撮りたい 古代蓮 

f:id:Alex_i:20200706204045j:plain

D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G

 

埼玉県行田市の「古代蓮の里」、昨年に引き続き行ってみた。

今年は、何とか午前中に。

自宅から向かう時は、結構雨が降っていて、やめようかとも思った。

行くだけでも......で、現地はほぼ降っていなかった。

こんなことがあるんだね。

 

でも天気は曇り。

時折ほんの少し雨がパラつく。

蓮は雨が似合うと思う。

そして、蓮は水面に顔出した写真がよく見られる。

 

構図や角度などを考えて、一味違うものが撮りたい。

水の中から大きく伸びた葉、そして大振りで透明感がある花。

古代蓮の素晴らしい色、なんとか絵にしたいもの。