無二の一筆

唯一無二のブログ 写真、酒、テニス、たまに時事

にほんブログ村 写真ブログへ

RED WING アイアンレンジャー 8111 を選んだ理由

f:id:Alex_i:20220115202608j:plain

 

念願のRED WINGのアイアンレンジャーをようやく手に入れた。

種類が豊富なアイアンレンジャーの中で、これに惚れ込んだ。

 

RED WINGといえば、アイリッシュセッターとか、ベックマンとか、エンジニアブーツが有名なところ。

定番中の定番だからそこから攻めるのも良いのではと思う。

俺自身もベックマンと迷ったのだが、最終的にアイアンレンジャーにした。

それもアンバーハーネス、8111。

 

その理由を備忘録がてら書いておく。

  • 無骨だがドレッシー。そのバランスが絶妙
    普通の通勤でスーツでもいける。(さすがに就活には無理だが)
  • 紐を締める上三つがフックになっていて、脱ぎ履きしやすい
    これはものすごく重要。
    普通の穴タイプは紐を抜かなければ脱ぎにくい、抜けば通し直さなければならないので履きにくい。
    フック仕様でドレッシーなものはそれほど多くないのでは
  • エイジングをものすごく期待できるアンバーハーネス
    やっぱりエイジングを楽しめてナンボだな。
  • ソールがビブラムのミニラグ
    アイリッシュセッターの白いソールはどうも....... 

 

どうやら最近はアイアンレンジャーを買う人が増えているらしい。

時代の流れなのかな。

 

俺も以前はもっとドレッシーな感じのブーツが好きだったが、
コロナで在宅勤務も増えたためにスーツ+ドレッシーブーツが減り、
ジーンズ+ワークブーツ を履く機会が増えた。

 

それならいっそ、欲しかったものを手に入れたいと思った。

 

RED WINGは安売りしないんだよね。

確固たるブランド力と品質を保つためなんだろうけど。

ということで、お店で4万5千円ほど。

だいぶ頑張った感はあるが、「良いものを長く使う」が俺のポリシー。

じっくり付き合うことができるわけだから、長い目で見ればそれほど高い買い物ではないと思う。