無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

浦和レッズ さいたまダービーは2−2の惜しいドロー

20170805_gamereport_3.jpg
掘監督に交代しての初戦。
それが因縁のさいたまダービー大宮アルディージャとの戦いになるとは。
ホームでの試合、再起をかける浦和、残留を手堅くしたい大宮で白熱した。
槙野が出場停止ということもあるだろうが、宇賀神を3バックに下げて、サイドには菊池!
その他はあまり目立ったインパクトはなかったが、この菊池が躍動してくれた。
この試合、2−2ではあったが浦和の押し気味の試合。
浦和1点目のPKは、相手ディフェンダーがたまらず手を出してしまうほどの得点の匂いが濃いものであった。
また2点目はその菊池が左サイドを駆け上がってのクロスを、GKが弾いて柏木がゴール。
決めたのは柏木だが、もちろん菊池のゴールだった。
全体的に気合が感じられる試合だったし、みんなよく走っていたが、魔が差した。
一瞬の気の緩みで、ゴール前のイージーミスから相手に簡単に決められてしまった。
大宮の2点目はヘディングしたボールがバウンドした後GK西川の頭を超えてゴール。
こんなアンラッキーもあるんだな。
浦和というチームはなんとも不運な空気が付きまとうチームなのだな。
ミシャの遺産から逃れられない、などの記事も見受けられるが、
いやいや監督が交代してもやるところはやれている感じもする。
もちろん守備面は課題、以前から指摘されているが攻撃に力を入れ、
守備は個々人に任せる形だったから、研究されればあっという間に破られるのだろう。
でも掘監督はその部分の意識を高めると言っているし、そのために新外国人も獲得したわけだからここは期待しよう。
そういえば、関根が移籍を発表。
次は週中にヴァンフォーレ甲府戦。
間が空かないが、ここでこそレッズの層の厚さを見せてほしい。
菊池だけではない、多くの有能な選手がまだまだベンチを温めている。
才能を掘り起こし、ビッグクラブの名に恥じないような試合をしてほしい。
We are REDS!!