無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

内閣改造!期待する人は

36ejnWne.jpg
女性議員のトンデモない不祥事はとにかく仰天だった。
稲田さんの日報隠蔽問題、まあこれは確信犯か。
「ハゲ〜」のとよたまゆこ、ってアホ議員。
一線がなかなか超えられない、タレント議員「今井絵里子」。
さらには議員ではないが、奥さんの昭恵さんのど天然ぷり。
彼の足をひっぱるばかりの人たちに囲まれていたわけだが。
安倍さんによる内閣改造
期待の新任は、この外務大臣となる「河野太郎」氏。
「政界の異端児」なのだとか。
サラブレッドの河野一家、父は、元衆議院議長河野洋平氏。祖父は副総理、建設大臣、農林大臣を務めた河野一郎氏だと。
その七光りをうまく使って、これまでもかなり毒舌を吐いて来たらしい。
自民党老害、いやベテランの爺さんどもに「腐った林檎」などと言って怒られたり、竹中平蔵さんが小泉内閣のとき、参議院議員の辞職に関して、国会議員にしたのは有権者、議員を辞めるのは無責任などと批判してブログが炎上したりしたらしい。
そのぐらいの方がいい。
生意気ぐらいがちょうどいい。
日本と諸外国の関係は全く良い方向に向いていないと思う。
アメリカの金髪の御仁はとりあえずどうしようもないので置いておいて、
問題は北朝鮮、韓国、ロシアではないか。
北朝鮮はそもそも拉致問題が全く進展していないばかりか、ミサイルを次々に撃って威嚇している危険な状況。
口ばかりのトランプさんの動向を見守るひつようはあるが、うまく利用して立ち回ってほしい。
ロシアは北方領土問題、これもいつになったら解決するのだろう。
プーチンさんとの話し合いにはフロントに立つわけだから、どうなるのか楽しみな感がある。
問題は、「韓国」だろ。
従軍慰安婦問題は昨年「最終的かつ不可逆的に解決」されたはずで、日本も10億円を搬出しているにもかかわらず、なんだかんだと理由をつけて未だに日本にたかっている。
そもそもににして、「従軍慰安婦」の存在自体が不明瞭、というかそんな事実は第三者アメリカの機関が時間とお金をかけて散々調べても出てこない。
「恨み文化」の矛先を日本に向け、著しく悪い内政をごまかしているに過ぎないよな。
あ、そうそう、従軍慰安婦の話をするなら、韓国軍がベトナムに侵攻し、それこそ従軍慰安婦として乱暴狼藉をした史実をどう考えるのだろう。
ライダイハン=ベトナム戦争での韓国人兵士によるベトナム人女性に対する強姦などで生まれた子供、は事実なのだよ。
そんな国、文化、民族に対して、きっぱりと明確に日本の態度を示してほしいものだ。
彼の国は政治的な、というか嫌日プロパガンダによる捻じ曲がった思想が、政治だけではなくスポーツにも浸透している。
今年のサッカーACLでも揉め事はいつも韓国戦。
スポーツは宗教や国家を超えた存在であるべきなのに、そんなところもわからず手を替え品を替え日本を強請り、たかってくる人たちに最後通告を叩きつけてほしいものだ。
河野さん、期待している。