無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

スペイン バルセロナ旅行顛末記 2018年10月 <アクセス>

DSC_0070.jpg
知らない土地、そしてそれが海外となると不安が募るところですが、観光地であるがためか、非常に簡単!
しかし、ちょっとだけ気をつけたほうがよりスムーズなんだと思います。
ここが体験した人のみが分かる部分なんでしょうね。
  • バルセロナに到着し、エル・プラット空港からのアクセス

    • 空港からは地下鉄、タクシー、バスの選択肢があるようです
      ですが、タクシーはちょっと割高、地下鉄は大きい荷物を転がしながら、地下と地上の往復をしなければならず、さらにスリも多いとの記事が散見されるのでパス
      結局シャトルバス(AeroBus)を選択しました

    • 利用方法
      到着ロビーから外に出ると、バスが止まっていました。バス側面に「AeroBus」の文字がデカデカと書かれているので、すぐにソレとわかります
      またひっきりなしに来ているみたいで、止まっているバスの後ろに次のバスが待機していました
      「チケットはあらかじめネットで購入」とサイトに書かれている人もいますが、バスごときでそりゃーないだろう、ということで特になにもせずに停留所へ
      自動販売機らしきところがあり、西洋人のカップルが購入していたのでとりあえず並んでいたのですが、自分の番が来てびっくり、クレジットカード専用の販売機でした。無用なところでクレジットカードなどという物騒なものは財布から出したくない(空港などで財布などは出したくない)ので、スルーしてあらかじめジーンズのポケットに裸で入れていた25ユーロをバス乗り場に立っている係員のようなおばちゃんに差し出すと、「中で買え!」とのこと
      バスに乗り込んでおばちゃんドライバーに「リターンで!(往復で!)」とユーロを出すと、レシートと同じ紙に行きと帰りのチケットを印刷して、行きの部分にパンチして穴を開けて渡してくれました
      実はこれが後からものすごく助かることになりました。何故かというと、ユーロを使い果たして小銭しかない状況になったのですが、帰りのチケットが手元にあったので、空港までは何も考えずにいくことができたからです
      帰国の手段をあらかじめ手配しておくことは重要なんですね
      ちなみに往復チケットの有効期限は30日だったと.....ここは記憶が定かでなし
      少なくとも観光で滞在する期間ぐらいは全く問題ないということは確かです

    • バスはカタルーニャ広場行き
      ルートは2種類あるようですが、どちらもカタルーニャ広場行き
      カタルーニャ広場はバルセロナ観光の基準地となります
      これより北の通りが高級ブランド街のグラシア通り・カサ・バトリョカサ・ミラ、北東にサグラダファミリア、南はランプラス通りとなります
      迷ったらカタルーニャ広場に戻る
      観光するなかでどうしようもなく迷ったら、タクシーをつかってカタルーニャ広場に戻ればいいんです
      タクシー代なんてたかが知れています、日本人と知ってボラれる可能性もありますが、まともに走っているタクシーであればそれも税金みたいなもの、身の安全と時間浪費が抑制されればそれでいいんですよね

      カタルーニャ広場)
      DSC_0347.jpg

  • ホテルまで

    • カタルーニャ広場で降りてから、どの方角にいけばよいのか最初は少し迷いました
      しかし止まったホテルは北東の方向であったため、その方向に歩き出し、事前に調べておいた通りに出たので行ってみたところ、全く問題なく到着
      ホテルまで初めて行った時は、それなりに距離があると思ったのですが、最終日に空港までのバスにのるためカタルーニャ広場に行くときはものすごく近く感じました

    • よほど郊外のホテルに泊まらない限りは、カタルーニャ広場から徒歩圏内だと思います