無二の一筆

唯一無二のブログ 写真、酒、テニス、たまに時事

にほんブログ村 写真ブログへ

Tricker'sスタイルのカントリーブーツ 革靴の甲の痛みを解消

f:id:Alex_i:20190326225440j:plain

D5600 + AF-S NIKKOR 35mm

 

上野、FootMonkeyで購入した、LockingShoes。

Tricker'sのようなスタイル、その実、しっかりとした革と製法で作られていて、2万円ちょっとの割にはコスパが高いものとして、このブログにも書いた。

ただし、革がやはり硬い。

左足はなんとか慣れたものの、大きい右足の甲が圧迫されて、朝はまだ良いものの、夕方の帰宅時は苦行な状態。

なんとか解消を図ろうとネットで調べたりしていくつか試したが、ようやく解消!

 

 

結論から書くと、決定打となったのは

「コロニル」皮革柔軟剤ストレッチ

 

 

 

ただし、最初は使い方がよくわかっておらず、なかなか効果が出なかった。

いろんなサイトを見ても、「これを使えばOK!」ぐらいしか書いていない。

それで単純にスプレーしてみていたが、あまり効果がなかった。

よくよく缶の使い方を見てみると、「ウエスに取って揉む」と書いてある。

エスに取ると、泡のフォームが消えてしまってうまくいかないことと、革がとても硬いからそのままスプレー。

染み込んだところを見計らって、甲の部分を左右からつまむように揉んでみた。

そしたら途端に柔らかくなったのか、甲の痛みがほぼゼロ!

夕方の帰宅時の苦行はなくなり、二日連続で履くこともできるようになった。

革の薄い靴だったら、ウエスに取ってから塗布で良いかもしれない。

コツは、「塗布もしくは直接スプレーした後、揉むこと、であった。

 

 

これまでに甲の痛み解消のためにやったが効果がなかったことを、参考に書いておく。

 

  1. 通常のクリームを多めに塗る
    → 全く効果なし
  2. ミンクオイルを塗る(カビ発生の原因としてネットでは評判良く無いが)
    → 全く効果なし
  3. テニスボール、軟式野球ボールを無理やり押し込んでストレッチ
    →4〜5日放置したらちょっと効果あった、でも痛みは解消せず
  4. 紐の縛り方の工夫(甲の部分に紐が当たらないよう)
    →ちょっと効果あり、でも痛みは解消せず

 

甲が圧迫されていたため、革を伸ばして空間を開ければ良いと思っていたが、手早い方法は柔軟剤によって柔らかくすることであった。

これで、やっとベビロテできる。

カントリーブーツ はこうでなければ。