無二の一筆

唯一無二のブログ 写真、酒、テニス、たまに時事

にほんブログ村 写真ブログへ

テニス USオープン 大坂なおみの素晴らしい対応

f:id:Alex_i:20190902204921j:plain

D5600+Tamron SP 90mm f/2.8

 

テニス、USオープン。

第一シードの大坂なおみは、3回戦で地元のココ・ガウフと対戦。

1セット目こそ競ったが、2セット目は貫禄を見せつける形で圧倒。

6−3、6−0の勝利となった。

相手のガウフとはどうやら知り合いのようで、練習も共にやったことがある間柄だとか。

でもそこは勝負の世界。

プロの世界だから、オンコートでは容赦ない。

当然といえば当然。

どこで足元をすくわれるかわからない世界なのだし。

 

 

試合終了後、ベンチのガウフのもとへ大坂が行った時、何を言うのかなと思った。

明らかに2セット目は大坂の素晴らしいショットとプレーに対して、ミスを連発した若干15歳のガウフは心が折れていた。

だから慰めに行ったのかと思った。

でも違った。

 

 

 

「みんながあなたを見にきているのだから、一緒にインタビューを受けましょう」

 

 

 

なんとも素晴らしい気遣い。

選手と観客の双方に対して。

大坂にしてもたかだか20歳を超えたばかり。

新鋭の選手を圧倒したのだから、喜び勇んで(周りのことなど気にかけることもなく)インタビューに臨んでも全くおかしくない。

世界中の誰もがそう思っていたはず。

でも彼女は違った。

インタビューアーの往年の名選手「フェルナンデス」(だったよな...)もちょっと戸惑いを見せていたが、すぐに大坂の気遣いに共感していたようだった。

ガウフはおそらく、負けた悔しさと大坂の配慮に感動して泣いていたのだと思う。

 

 

 

とても、とても、日本人らしい。

普通の人にはなかなかできない。

今の日本にいる同じ年代の人たちにも見習ってほしいほどの。

思わず見ていた俺も感動した。

 

 

さて今夜は難敵で不得意とされる、ベンチッチ。

過去には負け越しているらしいが、舞台はUSオープン。

なおみちゃんのホームだ。

是非ともNAO-CHIの笑顔をまた見たい。

頑張れ。