無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

電車内で(おそらく)痴漢行為に遭遇した話

f:id:Alex_i:20191127214935j:plain

D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f4

 

埼玉を走るJRの朝の車内。

混んではいるが満員とまではいかない状況だった。

 

 

女性が「近寄らないでください!」と声を上げた。

 

 

女性:「そっちに隙間があるのでそっちに行ってください!」

男性:「そっち(女)が寄ってきたんじゃないか!」

女性:「全く動いていません!」

女性:「次の駅でドアがあいたら別の車両に行きますから近寄らないでください!」

男性:「・・・・」

 

どんな人かは確認できなかったが、声の感じからすると両社とも若くはない。

40台後半か50台かもしれない。

 

 

変な正義感から「離れてやれよ!」と声をかけようかと思ったが、思いとどまった。

男性からの本当に痴漢行為なのか?

もしそうでないなら、とんでもないことになりかねない。

たまたま接触しただけのことでイチャモンを付けられているとしたら、迷惑以上の発言になってしまう。

同じ男性としてそれだけは避けたい。

 

 

女性からしてみるとよほどのこと(まともに触られた?)があったから勇気をもって声を上げたのかもしれない。

男の声から、若干狼狽している感じもあったし。

 

 

もしかしたら、女性は単なる勘違いだけど声を上げてしまい、男性は青天の霹靂で狼狽しているだけかもしれない。

それならいい迷惑だ。

 

そんなことを考えているうちに、俺の降りる駅に着いた。

その後はどうなったかわからない。

警察に突き出すような感じではなかったから、男性のほうは特に何かアクションを起こされたわけではないと思うが、後味悪い。

 

 

痴漢行為なら、ちゃんと捕まって欲しい。

痴漢行為でないなら、明日は我が身だ。満員電車では避けようがないケースもあるが、なんとか間違われないようにしないといけないと改めて思う。