無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

ストリートスナップ iPhone11

f:id:Alex_i:20200410184705j:plain

iPhone11

 

 

ちょっと早めにあがった、会社からの帰り道。

通勤用のカバンの奥から一眼レフを取り出すのが面倒になり(路上でもあるし)、
iPhone11で撮影してみた。

手軽。

かなり綺麗。

色もいい感じ。

iPhone11はカメラ性能も良いと思う。

流石に拡大するとアラも目立つが、全然許容範囲だ。

 

 

 

致命的なのは、明るさやボケのコントロールができないことか。

iPhoneの世界では、明るさやボケは後からアプリで調整するものなんだろう。

でもそれって所詮デジタル処理。

光学的なボケとはやはり自然さが違うと思う。

それでも撮る方もスマホなら、見る方もスマホなんで良いのかもしれない。

 

 

一眼レフで路上で写真を撮ると「恥ずかしさ」がある。

しかしiPhoneではそれがないので、ストリートスナップには良いのかも。

さっと出してさっと撮る。

すでにそんな動作は万人に認知されているからかな。

 

ただなあ......

 

「撮ってる感」がないんだよな。

それも構図とか考えず、ただ記録している感になる。

一眼レフでもそれほど素晴らしいものを撮っているわけではないのだけど。

カメラを構えたときの、それなりの重み。

オートフォーカスだけではなく、マニュアルでピントを合わせるあの感覚。

f値シャッタースピード、ホワイトバランス、ISO値などなどを、
どうしようかと思いを巡らせる。

構図は?

光の角度は?

初心者の俺でもそこまでは考えられる。

それが一眼レフの魅力なのかな、と今一度思ってみる。