無二の一筆

唯一無二のブログ 写真、酒、テニス、たまに時事

にほんブログ村 写真ブログへ

浦和レッズ ルヴァンカップ制覇

reds20161015.jpg
ガンバ大阪との激闘、延長とPK戦の末、浦和レッズが13年ぶりにルヴァンカップ優勝!
前半はガンバ大阪にしてやられた感じ、しかも先制された状況だった。
レッズは全然パスがつながらず、カットされたものを助っ人外国人、アデミウソンにハーフライン辺りからに持ち込まれてゴールされた。
レッズの出来が悪いというより、ガンバ大阪の出来がよかった。
後半はスペースを見つけて少しずつレッズの攻撃する時間が増えたのは、ガンバの「飛ばし過ぎ」によるガス欠だったのか?
途中から出場した駒井、ズラタンが効果的でもあったが、なんといっても、「もっていた」のは李。
交代直後のコーナッキックから、ファーストタッッチのヘディングがゴール。
何かやってくれるだろうと、かな〜り期待したのだが、まさか同点ゴールをしてくれるとは。
ヒーローになるために出てきた、とのコメントは精神力の強さを表すのかも。
PK戦になったときは、正直嫌なムードがあったような感じだったが、拭してくれたのは西川。
西川がPKを止めるところをあまり見たことがないように思えるのだが、
大事な時にちゃんと仕事をしてくれた。
途中から出場のガンバ大阪の若手、呉屋は延長戦だったかでゴールポストを叩く、
間違えばゴールになるような危険なシュートを放った。
キモが冷えたが、その彼がPKを止められたのだから面白いものだ。
PKを止められた人が悪いわけではない。
それまでに点を取れるチャンスに点を取れないチーム全体の責任なんだと思う。
ま〜、それはともかく、
ミシャは初のタイトル、これで無冠の名将などと言われなくて済む。
変則ではあるが、難しいフォーメーションでチームを作り続けてきた甲斐があったというものだ。
これをキッカケに、J1年間優勝、天皇杯と3冠いこう!
それにしても、それにしても、、、なんとメデタイことか!
We are REDS.