無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

ウィスキー デュワーズ(Dewar's)12年

f:id:Alex_i:20190317192951j:plain

D5600 + Ai Micro NIKKOR 55mm

 

 

デュワーズのクリアなボトルにホワイトラベル(ノンエイジ?)は割と見かけるようになった。

バーテンダー支持No.1のスコッチ、との宣伝文句をよく見かけるが、はっきり言ってよくわからない。

ハイボール向けとのこと、アメリカでスコッチのハイボールを始めたのがこのデュワーズらしい。

まあ確かにホワイトラベルのハイボールは、特別美味いわけではないが、決してまずわけでもなかったような印象。(記憶)

 

 

 

デュワーズは1846年にスコットランドで創業したブランドで、ウィスキーをボトルに詰めて大成功したのだとか。

ってことは、それまでは樽で量り売りだったんかな。

焼酎も基本的日本酒もそんなスタイルだったから、きっとそうだったんだろうな。

 

 

 

12年もののこのウィスキーは、スモーキーさはあまりなく、非常に飲みやすい。

アルコールの刺激も少なく、ナッツの香りが特徴的かな。

自分はウィスキーはオンザロックで飲む。

ハイボールや水割りは、それこそ水っぽくてなんだかウィスキーがもったいない気がするからだ。

オンザロックで飲むと、普通はスムースをウリにしているウィスキーの多くは、最初の一口は香りが良いものの、二杯目三杯目になると香りになれるのか、どんどん味がしなくなるケースが多い。

でもこのウィスキーはちょっと違う。

飽きるほどの強烈さもなく、かといってアルコールだけの味わいになってしまうこともない。

そして、ちょっと渋みのような味も。

実際ウィスキーで渋みはないと思うが、どういうことなのかよくわからない。

 

 

 

ノンエイジが大体1500円程度、この12年は2500円程度と買いやすい値段。

ただノンエイジは1500円では買わないかな。

12年は多いにアリだと思う。

よもや2000円を切れば、かなりお買い得感が出るのだと思う。