無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

ウィスキー サントリーホワイト

サントリーホワイト

D5600 + AF-S DX NIKKOR 35mm

 

1000円ほどのウィスキーは色々と飲んだが、これを忘れていた。

サントリーホワイト。

実売は1200円ほど。

学生時代、金のないときはサントリーレッド。

ちょっと金があるときはサントリーホワイト。

もっとお金があるときは、IWハーパーな感じだった。

でも今から思えば、味なんてよくわからないまま飲んでいたのだと思う。

もっとも味なんて、年代とともに変化するのだと思うから、学生の時に上手いと思ったものでも50歳をすぎると上手いと思わないものも少なくない。

そういう意味で、このサントリーホワイトは、可もなく不可もないイメージであった。

 

 

このウィスキーは公式HPによると、以下のようなことらしい。

サントリー創業者の鳥井信治郎が、国産ウイスキー第1号として1929(昭和4)年に発売したもの。

売り出し当初は「サントリーウイスキー」としてだったが、白いラベルから「白札」と呼ばれ、戦後はウイスキー通に愛され、「シロ」として親しまれてた。

このため、1964年より現在の「ホワイト」に改称した。

 

 

なんと発売から90年

本場スコットランドでは1600年ぐらいからのものもあるから、若いと言えば若いが、それでも90年。

素晴らしい歴史だ。

そして同時に子供の頃のCM、サミーデイビスJr.による、鼻歌を歌いながらボトルを開けて、グラスに注いでオンザロックで飲んで「Suntory」と言うCMが、エライかっこよかった。

おヒマな方はYoutubeで検索すれば出てくる。

 

 

 

その肝心な味わいだが。

いかにもSuntoryらしい、スモーキーさではなく芳醇さが際立つ

軽やかな甘みもある。

そして全く後を引かないライトな感じ

美味い、本当に

ずっと飲んでいられるように思える。

若い頃はこんな味はわからなかっただな、と改めて思う。

さすが日本第1号のウィスキー。

世界に認知されているジャパニースウィスキーの元祖にて、現役。

常飲することになりそうだ。

サーミデイビスJr.のように、鼻歌交じりにハッピーな気分で。

何よりそれが一番大事だと思う。