無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

サッカーW杯アジア最終予選、ようやく白星

タイのホームで、ようやく2−0で勝利。
それでも批判する記事は当然のごとく散見されるが、
まずは勝ったのだから、いいじゃない。
ハリルホジッチさんのクビも繋がったことだし。
それにしても、タイでのサッカー人気はすごいものがあるな。
幾つかの煌るプレーもあったし。
ちょうど、Jリーグ開幕の日本同様なんだろう、23年近く前の話。
あのときは、レッズは散々ベルディにカモられたな。
そのベルディも、遠いところに行ってしまっているが。
さて、次第にパスワークも連携プレーもよくなってきた日本代表。
原口、浅野のなんとも嬉しいゴールがよかった。
本田の痛恨のゴール前空振り、その他何人かの力んで枠を大きく外れるシュートは、
見ていて忍びないものがあった。
あの半分でもゴール枠に飛んでいれば、もう1点ぐらいは入っていたのかもしれない。
もっとも、勝負に「たら・れば」はご法度なのだ。
一番ホッとし、一番未だに悩み続けているのは、ハリルホジッチさんだろうな。
選手は意外とアッけらかん、としているようだ。
敗けを分析することは必要だが、悲観して次の試合に影響するようではまずい。
そしていくら頑張っても敗けたことをひっくりかえすこともできない。
やっちまったものは仕方なし。
残る試合を全勝する固い決意で臨んでもらいたい。
それこそ日本人としてあるべき姿なのではないかと思う。