無二の一筆

唯一無二の辛口ブログ 一眼レフでの写真、時事ネタ辛口、テニス、酒、つまみ

にほんブログ村 写真ブログへ

民進党 蓮舫さん代表辞任

rennhou13.jpg
グラビアアイドルからの政権入りなのは有名なところ。
その時代からあまり好きなタイプではなかったが、結果的には党内で孤立したのが辞任への引き金になったようだ。
極めて仕事ができるが、他人にも厳しく、まったく人望もない女性上司の典型に見える。
「女」を見せず、むしろ排除して男性社会で生き抜くために、常に気を張っている。
眉根にシワを寄せて、はむかうものは徹底的に叩き潰す。
そんな印象に見える。
もちろん、テレビやニュースでの断片的な報道による印象なのだから、
実際はそんなことは無いのかもしれない。
しかし、発言の態度や若干報道のあるプライベートな部分からも、そういう雰囲気は拭い去れない。
「二番じゃだめなんですか!?」は、迷言と捕らえる人がほとんどだが、俺は明言だと思う。
未曾有の不景気に、決まっているからといって国民から集めた税金をジャブジャブ使う体質への苦言と受け止めている。
もちろん、日本の威信をかけて一番でないといけないものもあっただろう。
彼女が言いたかったのは、何でもかんでも二番以下にしろというわけではなく、
メリハリをつけた施策を実施しろ、ということだったのだろうと思う。
やはり女性は女性のよいところを出して、多いに貢献して欲しいと思う。
「女」を武器にするのではなく、女性ならではの良いところを出して欲しいという意味だ。
キツイ顔して答弁している蓮舫さん、求心力に欠けていたのだろうな。
次の代表はどうなるのだろう。
何にしろ、自民党の諸策に何でもかんでも反対ではなく、もっと日本の政治を盛り上げてくれる人になった欲しい。